夏季休業期間中の行動について(注意喚起)

2020.08.18

2020年8月18日

学生・保護者の皆さま

夏季休業期間中の行動について(注意喚起)

学生部長 渡部 美紀子

全国的に再びコロナ感染者が増えています。夏季休業期間、新型コロナウイルス感染症拡大防止について、あらためて注意喚起を行います。
感染リスクが高まる場面はマスクを外している食事中です。会話の際に発生するエアロゾル内のウイルスが、食べものや食器に付着して口腔粘膜から侵入する懸念があり、感染リスクを高めます。マスクを外しての食事中、食事後の会話は慎んでください。

夏季休業期間中、以下の注意事項を確認し、行動してください。

1)飲食上の注意

  • 体調不良時に飲食店を利用しない。
  • 大人数の飲食を伴う懇親会、会合、歓談などの外食は自粛する(家族、親戚との外食は除く)。
  • マスクを外した時には会話をしない。料理に集中する。
  • 大声を出さない。
  • 対面を避けて座る。
  • 大皿は避けて、料理は個々にとる。
  • 廻し飲み、食べはしない。
  • 外食の場合「みやぎお知らせコロナアプリ(MICA)」などを活用する。
  • 手指を洗浄後に入場する。消毒剤のプッシュポンプあるいは洗面所設置の石鹸を使用する。
  • 注文および会計時においてソーシャルディスタンスを守る。
  • 指さし注文に協力する。
  • 電子マネーなどを積極的に利用する。
  • 食事の際は、マスクを外し、ハンカチなどの上に置く。

2)移動に関する注意

  • 移動に際しては移動する地域の感染状況に関する情報を確認し、自分自身が感染しない行動を心がける。
  • 感染拡大地域の移動は自粛する。(研究・就職活動を除く)

3)アルバイトに関する注意

  • 3密を避けることができないアルバイトは自粛する。

4)課外活動に関する注意

  • ガイドラインを遵守し、熱中症予防なども心がけて、活動する。

キャンパスライフ トップへ