2020年度「資格を取って一生の仕事にしよう!」を実施しました[キャリア支援課]

2020.10.30

今年度の「資格を取って一生の仕事にしよう!」は、昨年もご協力いただいた社会保険労務士・税理士・司法書士・行政書士・宅地建物取引士・不動産鑑定士の6名の女性の先生方に動画を作っていただき、学生が視聴しました。これらの資格は「士業」や「士(サムライ)資格」と呼ばれ、結婚や育児と両立して一生働くことができるため、女性にとても人気の資格です。

 

単に6つの資格についての説明だけではなく、A子さんの一生になぞらえて、私達の日常の中で、どのような時にそれぞれの士業に助けてもらっているかを分かり易く説明していただきました。

資格の内容、各先生が資格を目指したきっかけ、実際の仕事の内容、試験内容や勉強方法、実際にどのように家庭と両立しているかなど、詳しく楽しくお話ししていただきました。

また昨年行った講座で学生から出た質問などを元に、6名の先生方に座談会形式で答えていただきました。

 

学生からは、

「『士業は男性』というイメージがありましたが、今回の講座で女性こそ取るべき資格なのではないかと思いました。私は税理士に興味を持ちました。」(健康教育専攻2年)

「『資格所持者として知識のアップデートを常に行っていかなくてはならない』といった言葉が印象的でした。資格をとったからといって現状維持のままではいけない、という考え方は就職活動に限らずあらゆる面に通じるものがあると思いました。」(日本文学科1年)

「昨年の説明会で行政書士の仕事に興味を持ち、テキストや問題集を購入して来年度の試験に合格するために勉強していたのですが、最近モチベーションが上がらずあまり勉強が進んでいませんでした。しかし今回の説明会を受けて、行政書士の勉強へのやる気が出てきたので、今日から勉強を再開していきます。」(人間文化学科3年)

などの感想がありました。

ご協力いただきました先生方、ありがとうございました。

 

キャリア支援センター トップへ