新型コロナウイルスワクチン接種および接種後の副反応等に関するアンケート調査の結果概要

2021.11.05

学生・保護者・教職員の皆さま

宮城学院女子大学 副学長(新型コロナウイルス対策担当)
正木恭介

 

新型コロナウイルスワクチン接種および接種後の副反応等に関するアンケート調査の結果概要

2021年10月8日(金)~10月22日(金)の期間、本学の正規学生全員を対象に実施した、ワクチン接種および接種後の副反応等に関するアンケート調査の結果概要を報告します。

  • 対象:本学学生 3,244名、本学大学院生 10名、総数 3,254名
  • 回答者数(回答率):1,546人(48.1%)
  • 1回目接種済み:1,457人(93.2%)
  • 2回目接種済み:1,272人(81.3%)
  • 副反応の状況

人数(%)

なかった 少しあった つらかった かなりつらかった
接種部位の痛み  39(2.7)  419(28.5)  634(43.1)  379(25.8)
平熱を1℃以上超える発熱 246(16.7) 222(15.1) 325(22.1) 678(46.1)
全身の倦怠感 225(15.3) 366(24.9) 434(29.5) 446(30.3)
筋肉や関節の痛み 310(21.1) 388(26.4) 424(28.8) 349(23.7)
頭痛 429(29.2) 372(25.3) 354(24.1) 316(21.5)
その他 1057(71.9) 163(11.1) 122(8.3) 129(8.8)
急性のアレルギー反応
(アナフィラキシー)
1423(96.7) 29(2.0) 11(0.7) 8(0.5)
  • ワクチン接種にあたっての不安(複数回答可)
%
特に不安に思っていることはない 55.1
将来、身体に異変が生じる 32.3
将来、子供が産めなくなる 14.0
心筋炎や心膜炎になるかもしれない 13.8
血栓症がおこるかもしれない 12.4
くも膜下出血や急性大動脈解離がおこるかもしれない 7.1

回答結果をさらに解析し、学生の皆さんに対する情報提供の発信ならびに学びやすい教育環境を整えます。
ご協力いただきありがとうございました。

トップへ