特別教育計画「ロッキー・チョン 先生によるミニコンサート&公開レッスン」を開催しました

2018.12.04

11月26日(月)、今年度第2回目の「特別教育計画」を開催しました。

韓国人バリトン歌手 ロッキー・チョン 先生は、現在、漢陽(ハンニャン)大学で後進の指導にあたられています。先生は、ミュンヘン国際コンクールで第3位となられた後、シューマン国際コンクール、ヴォルフ国際コンクールで優勝し、ドイツ歌曲・宗教曲の分野において、その力を遺憾なく発揮しておられます。ドイツで教鞭をとられた後、現在は母国に帰国され、演奏の傍ら後進の指導に当たっておられます。IMG_6046ミニコンサートでは、先生のお得意のレパートリーであるドイツ歌曲をご披露いただきました。美しいドイツ語と、温かみのある豊かな響き、情景が目に浮かぶような繊細な表現力、先生のすばらしい演奏を堪能しました。

IMG_6070続いて、音楽科の学生が先生のレッスンを受講しました。体を自由に開放し、自然に発声すること、言葉の意味を考え、その言葉をどのように表現するか考えること、声楽を学ぶ上で基本となることを改めて確認することができました。

IMG_6110最後に、学生たちにメッセージを送ってくださったチョン先生。韓国の学生と日本の学生との学びのアプローチの違いにも触れて、幅広い視野を持ちながら音楽を勉強していくことの大切さを伝えてくださいました。

IMG_6116先生の包容力のあるお人柄に触れながら、真摯に音楽と向き合う大切さを感じる時間となりました。

チョン先生、ありがとうございました。

 

 

音楽科 トップへ