2021年度第1~2回「キャリアアップセミナー」[キャリア支援課]

2021.06.25

今年で7年目の「キャリアアップセミナー」は、今年度より本学独自の講座として再スタートしました。
新型コロナウイルスの影響により、前期のセミナーは全てオンラインにて開講しています。
今年度も様々な分野で活躍している女性の方々をお迎えし、「女性としての生き方を問い、未来を展望しよう」をテーマに、セミナーを通して多様な生き方のロールモデルを学んでいきます。
 

第1回 キャリアアップセミナー

講師:株式会社ティ・ディ・シー 代表取締役社長 赤羽 優子氏

利府町に本社がある株式会社ティ・ディ・シーが独自に開発した超精密加工は、半導体製造装置や電子部品などの産業領域、はやぶさ2をはじめとする世界の先端研究で使われています。また、産学連携を積極的に行い、顧客ニーズに対応する新技術開発を行っています。
ものづくりにおける男性社会の中で女性社長として苦労された経験から、イノベーション創出の場としての職場環境や働き方改革も行っており、働く人が生き生きと活躍する自律分散型組織づくりを行っています。

赤羽社長には、株式会社ティ・ディ・シーの取り組みとともに、周囲や自分を思いやる「チームワーク」の大切さ、仲間と手を取り合い高みを目指す生き方・働き方を教えていただきました。

【学生の声】
「他の会社が出来ないことに挑戦し、技術を磨くことでオンリーワンの会社になっていくという部分に感銘を受けました。『出来ない』を言わず、実現に向けてチーム一体となり取り組む会社全体の姿勢はとてもかっこいいと感じました。また、赤羽社長の『人生うまくいかないことがあっても、少し引き返してみたり、回り道したりしても良い』という言葉に背中を押されました。全ての過程に意味があるという言葉を大切にし、様々な挑戦をしたいと思います」(現代ビジネス学科:2年)
 

第2回 キャリアアップセミナー

講師:児童文学作家・コピーライター 佐々木 ひとみ氏

佐々木さんはコピーライターとして広告制作プロダクションに入社後、独立し「高原社」を立ち上げられました。コピーライターとして活動しながら、児童文学作家として地元に根差した物語を書き続けていらっしゃいます。

佐々木さんには、コピーライター・児童文学作家になるまでの歩みや本との出会い、児童文学作家として作品に込めている想い、ふるさとに対する想いなどをお話しいただきました。また、自分の生きる道を自分で考え選択し人生を歩んでいくことの大切さを示してくださいました。

【学生の声】
「佐々木さんは『いつか、文章を書いて生きてゆくのだろう』という思いを実現させるための選択をしてきたのだと感じました。また、どんなに小さな可能性や拙い考えだとしても、自分で選んだというだけで何十倍もの価値になるのだと感じました。人生には選択ばかりですが、どのような選択をしても後悔をしないような道を歩みたいと思います。そのために、私も様々なことを経験し将来の糧にしたいです」(日本文学科:2年)

※本講座は例年、公開講座として開講しておりましたが、新型コロナウイルスの影響により、今年度も本学の学生のみを対象とさせていただきます。ご了承ください。

キャリア支援センター トップへ