[学生部]新型コロナウィルスへの本学の対応について

2020.02.28

新型コロナウイルス感染症について発表された政府見解を受けて、本学の対応策を検討いたしました。学生のみなさんには下記のことをご理解いただき、ご協力お願いいたします。

(1)新型コロナウィルスへの対応の原則について
1.風邪の症状や発熱がある場合には、不要・不急の外出等は避け、各自において感染予防に努めること。
2.毎朝検温を行い、37.5度以上の発熱や咳等の風邪の症状が出た場合、登校を含む外出を自粛すること。新型コロナウィルスへの感染が懸念される場合は、各都道府県の指示する対応に従うこと(各県のウェブサイトは本文書最後の一覧を参照のこと)。新型コロナウィルスを含む指定感染症(インフルエンザ等)にり患していることが確認された場合は本学保健センターへ速やかに報告すること。
3.サークル活動やアルバイト等ではなるべく不特定多数の人が集まる場所を避けるように気をつけること。
4.2020年4月1日以降の対応については、3月19日までに公表する。

(2)国内旅行について
1.国内感染地域への不要・不急の外出は避けること。

(3)海外渡航について
1.外務省が「感染症危険度レベル2:不要不急の渡航自粛」以上に指定している地域への渡航は原則として自粛、レベル1の地域についても原則として渡航を避けること。個人的な旅行についても同等の配慮をすること。
2.当該地域からの入国は不可となることがあるので注意すること。
3.当該地域(レベル1以上)へ渡航する場合は事前に学科へ報告すること。すでに渡航された場合は帰国後速やかに報告すること。(報告先は各学科副手室とする)
4.当該地域(レベル1以上)から帰国した場合、2週間は登校せずに自宅に滞在し、発熱や咳の症状を経過観察すること。

(4)サークル等の活動禁止について
学生・教職員の健康と安全を考慮し、本学では3月31日(火)までの間、サークル、ボランティア、各学科の学会活動を禁止とする。
なお、活動には、自主練習やミーティングも含まれる。
また、教室や部室等に長時間滞在する事は避けること。

 

■ 情報を入手するためのサイト
新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター

キャンパスライフ トップへ