「2019年度心理行動科学科卒業論文発表会」を開催します(1/25)

2020.01.06

心理行動科学科の4年生が、今まで取り組んできた卒業研究を発表します。

【日 時】 2020年1月25日(土)10:00-17:00頃
【場 所】宮城学院女子大学講義館202教室(C202)
【入 場】 無料

【スケジュール】

10:00~ 開会
セクション1

10:10~「クラシックギターのトレモロ奏法に生じる錯聴」(伊東真理子)
10:20~「歩行者同士の回避行動に関する研究」(菊地あかり・渡邉萌)
10:30~「視線の上部誘導はスタイルをよく見せるか?」(佐久間ひなの・蓮池美沙樹・門間沙歩)
10:40~「災害時のTwitterにおける情報拡散と拡散者の特性について」(東海香穂・本越すみれ)
10:50~「観賞魚の癒し効果について」(三宅茜)
11:00~「好きな対象が同じ人に対する不快感を抱く場面・状況の違いについて」(東大野こころ・水上琴絵)
11:10~「言語的アプローチが円滑な上下関係にもたらす影響」(松田咲里・丸山梨奈)
11:20~「青年が恋愛過程で遭遇する蛙化現象」(遠藤花緒・船越果歩・前田奈々穂)
11:30~「休憩時の香りによる気分変化の検討」(平地彩奈・穂積笑佳)
11:40~「自尊感情と親密度が悲しみ感情の表出抑制に与える影響」(小畑若菜・神部葵・星友紀乃)

昼食

セクション2

13:10~「親友に関する愚痴に対する感情と行動の関連 ― 内的作業モデルによる違い ―」(佐々木絵美・廣部優花・星茉奈実)
13:20~「周囲の笑い声や泣き声が自己の感情表出行動に及ぼす影響」(海野織江・久保円花・針生香於里)
13:30~「「自ら調べること」が記憶の定着に与える効果」(林真子)
13:40~「キャラクターを“かわいい”と感じる要因と“かわいい”キャラクターのストレス緩和効果の検討」(佐藤美月・中島成美)
13:50~「課題遂行中のモチベーションに関する研究―ツァイガルニク効果に基づいてー」(佐々木美那・鹿野円香・鈴木真依)
14:00~「生きづらさと自己志向的完全主義の関連についての検討」(金澤美沙希・熊谷礼・鈴木絵美)
14:10~「大学生における援助要請の実態と内的要因に関する検討」(柴田彩香)
14:20~「スマートフォン入力に及ぼす妨害音の影響」(宇津宮綾音・柴崎瑞希)
14:30~「食品メーカーが示す味や香りの目安表示の妥当性について」(佐藤祐実)
14:40~「糸通しを簡単に行う方法」(雨宮桃子・佐藤毬花)

休憩

セクション3

15:10~「プロスポーツを応援する女子大学生の特性」(伊藤楓・佐藤ひかる)
15:20~「文字表記の向きと読みやすさの関係について」(大泉春佳・佐藤亜紀)
15:30~「違反行為への注意が観察者に与える影響」(佐々木七瀬)
15:40~「ファンの個人特性とファン対象に対する貶し愛との関連」(伊藤美穂・斎藤眞子)
15:50~「課題遂行中の脳波および作業パフォーマンスに飲料が及ぼす影響」(遠藤亜美・今野華奈)
16:00~「女子大学生の自尊感情と社会的比較がもたらすSNS疲れ~TwitterとInstagramに着目した検討~」(黒田知佳・小島南)
16:10~「時間生成に及ぼす妨害音の効果」(加藤里菜・管野琴美・菊池優奈)
16:20~「視対象の接近運動における身体動揺の影響-3D映像と2D映像の比較検討―」(石森可那子・大野夏海・大場茜)
16:30~「SNS利用時に喚起された容姿の劣等感によって生じる感情および反応行動と公的自己意識の関連」(浅野詩乃・阿部七海)

講評

※参加ご希望の方は、資料準備のため、1月22日(水)の正午までにpb-info(アットマーク)mgu.ac.jpまで、氏名・学校名・学年をご連絡ください。

※当日は来学されましたら、正門を入って左側の守衛室で入講の手続きをしてください。

※AO入試および推薦入試の合格者で発表を聴きに来る方は、入学前課題の来場確認を行いますので、会場にいる学科の教員に声をかけてください。また、当日は5テーマ以上聴講し、昨年お手元に郵送された入学前課題の出題内容に従いレポートを作成してください。

心理行動科学科 トップへ