「マイスクール桜ケ丘 コンサート」を開催しました

2019.02.19

2月8日(金)桜丘小学校4年生をお招きし、「マイスクール桜ヶ丘 コンサート」を開催しました。

コンサートは、パイプオルガンの演奏からスタートしました。宮城学院はキャンパス内に3台のオルガンがあり、それぞれ、音色や様式が異なります。ハンセンホールのオルガンはスイス製で、コンサートのオープニングにふさわしく、明るく輝かしい音色をお聴きいただきました。

IMG_4899 (2)

続いて、声楽コース生が日本歌曲やオペラアリアを演奏しました。ロッシーニの「猫の二重唱」は、歌詞はすべて猫の鳴き声、という楽しい曲です。2匹の猫たちの仕草に、客席からは笑い声も聞こえてきました。

楽器体験では、4人の小学生にステージに上がってもらって、ヴァイオリンの演奏を体験してもらいました。楽器の構え方、弓の動かし方など、最初は緊張し、ぎこちなかったけれど、ピアノの伴奏にあわせて曲を演奏してみると、客席からは大きな拍手がおくられ、思わず笑顔がこぼれました。

IMG_4972 (2)

様々な管楽器も登場し、それぞれの楽器の特徴を紹介しながら、アンサンブルをお聴きいただきました。

IMG_4992 (2)

コンサートの最後は、船橋 洋介先生の指揮で「Believe」を合唱しました。ホールいっぱいに子供達の元気な歌声が響きました。

IMG_5015 (2)

最後に感想を聞いてみると「パイプオルガンの音を初めてききました。大きな楽器でびっくりしました」「楽器体験が楽しかった」「猫を飼っているので、猫の二重唱が気に入りました」など、すてきなコメントをたくさん述べてくれました。

IMG_5062★

 

 

音楽科 トップへ